YUKI_kodomookane15144623_TP_V
最近は少しづつ減ってきている「ホームページ・ウェブサイトの管理料」について、今回はぶっちゃけてみたいと思います。今回も存分に同業者の皆様が嫌な気分になること請け合い!?

ホームページ管理費の内容はなんだろう?

旧来の、「自分で投稿出来ないタイプのホームページ」で管理費が発生する場合、大抵は「月に一度の更新作業代」などが含まれて、まあ大体5000円~15000円くらい取っているイメージです。

管理、というよりは実質「更新作業費用」として徴収しているケースですね。

問題は、「じゃあ更新が無かった月は?」という事になりますよね。多分この場合でも「管理料」として毎月徴収するケースが通常だと思います。

また、合わせて徴収費用に含まれているのは恐らく「サーバー代」です。「サーバー」というのはウェブサイトのデータが置いてある「専門的なパソコン」のこと。

サーバー代は月額必要になりますので、サーバー代として月額の管理費を請求するウェブ制作会社も多いと思います。

しかし、この「サーバー代」というのが曲者。ぶっちゃけますと「サーバー代」は安いところですと、なんと月額300円程度からあります。高くても通常のコーポレートサイトであれば2~3000円もあれば十分。

稀に「サーバーを丸々一台借りている」というケースが有り、さらにシステムが複雑でサーバー側の複雑な設定が必要な環境の場合は「サーバー管理料」として徴収しているケースもあると思いますが、まあ、余り有りません。

弊社でも一台のサーバー管理を行っているところも有りますが、かなり少数ですね。もちろん、その際は作業内容に準じて管理費を頂戴していますが、内訳は単純に技術者の作業量で料金を頂いています。

また、「自力で更新出来るホームページ(CMS)」のサイトを利用されている方の「管理費」はどういった内訳になるのでしょうか?

これは恐らくほとんどが「サーバー代」として請求されているか、もしくは「制作費が安い代わりに月額管理料金として制作費を請求している」ケースでしょうか。

良心的な会社であれば、毎月のアクセス解析の結果から、どの様な更新を行えばアクセスが増える、だとかのいわゆる「ウェブコンサルティング」的なデータを送ってくれるところが有るかもしれません。

また、その管理費を広告費として利用しているところも有るかもしれません。

しかし、やはり具体的な「管理費の内訳」については制作会社にきちんと確認するのが良いでしょう。

果して管理費は払う必要があるのか?

前述のケースで「どうしてもサーバー側の複雑な設定が必要」「制作費が安く、管理費名目で制作費を回収している」「制作会社へ更新作業を毎月依頼している」、これらのケース以外に関しては正直なところホームページ・ウェブサイトの管理費は必要ないと私は思っています。

上記以外のケースでもし「管理費」を請求されているのであれば、まあ酷い言い方ですが「制作会社がお金ほしいからくれと言っている」くらいのものだと思います。

実際弊社では、特殊なケースは除いて、サーバー・ドメインの契約はお客様に自力で行って頂いています。

これは理由があって、もし他社でサイトリニューアルを行う場合など、業者同士のやりとりが大変面倒くさい事や、弊社はコンサルティングも行っていますので単純に余計なコストをクライアントに負担してほしくないということからです。

制作を依頼する際、もし「管理費」が必要と言われた場合は色々と聞いてみる事をお勧めいたします。

ウェブサイトに必要なコストを算出しましょう

もし、30万円でサイト制作を依頼し、月額管理費が10000円必要な場合、年間に必要なコストは42万円。また、二年目も同じサイトをそのまま利用する場合、二年間でトータルコストは54万円、三年目で66万円です。このくらいであれば十分に良心的な価格設定だな、と感じます。もちろん機能や内容にはよりますが・・・。

しかし、実際のところ「自分で更新出来る機能(CMS)」を利用したサイト制作ですともっと制作費は高くなりますし(しっかりとした制作会社なら50万~70万くらい必要)、そもそもCMSが導入されているケースは「管理費」の内訳が「サーバー代」です。

この場合に「月に一万円」の管理費が請求される場合は、正直に制作会社に「サーバー代ってそんなに高いんですか?」と聞いてしまってもいいんじゃないかと思います。ただ、毎月お小遣いを払って上げることになってしまいますので・・・。

もし、CMS付きのサイトを制作し、さらに管理費が必要ということになると、運用コストはかなり割高になってしまいますよね。

最後に

サイトリニューアルを行う場合、今までどのくらいの予算を使われていたのかを聞くのですが、毎月管理費を払っていた方も結構いらっしゃいますし、中には「管理費の必要がないじゃないか!」と思うケースも結構あります。

ウェブ制作・ホームページ制作の業界はまだ新しい為、「正当な金額設定」というのが結構あやふやですし、高級車などとは違い、内部的な部分になると普通のお客さんであれば「高いか安いか」の判断は難しいでしょう。

しかし、「コストをかけて売り上げで回収」というのが理想のサイクルですので、元々支払う金額と、それに見合ったリターン、お金の回収に向かうアクションなど、すべてを意識して頂く事でウェブサイトの運営がうまくいくハズです。

誰しもが余計なコストをかけたくないハズです。サイトをお持ちの方は一度、余計なコストがかかっていないか是非確認してみてくださいね!