特許出願調査知財コンサル特許調査会社シンクス

せっかくの閃きやアイディアが、他社に先んじられる事はとても残念なこと。特許出願調査・知的財産申請を行なう事で、ビジネスを守る事にも繋がります。

同時に特許や知的財産は大きな武器となります。もし眠っているアイディアがありましたら経験豊富なcinx|シンクスにご相談下さい。

株式会社シンクス:http://www.cinx.co.jp/

何よりもとかく「難しい」、「面倒」、「専門知識が必要そう」など先行しがち。また、自社の技術やアイディア、製品開発フロー自体が「特許に!?」なるとを経営者の方が思っていない側面もあるかと思おいます。

この様に、特許とは「まさか、うちが・・・!?」と思うようなところに実はたくさんの財産が埋もれていたりするそうですよ。

一言に特許といえども色々

高度な技術や特別な製造方法の発明やアイディアが他社所有と知らず製品化した場合どうされますか。特許侵害のトラブルや技術、製品の模倣などは起きてからではどうすることも出来ません。そうなる前に相談、調査をしないリスクのほうが高いと思いませんか。

特許種類シンクス

特許調査や出願申請は大手企業や名の知れたメーカーだけではなく会社の規模関係なく技術研究、製造、製品化など発展に役立つサービスと考えます。

現状「こんな特許があったの!?知らなかった・・・」では済まされない研究開発・技術市場のため、事業者の方々からご相談は少なくありません。

調査をすると経営が得する3つのポイント

▶:技術研究、製造、製品化など最新情報収集により次の発展に活かせれる。
▶:製品・商品の研究・開発の工程で他社(他人)の特許を調査して侵害のリスクを減らせる。
▶:技術者の研究・企画・開発のアイデアを特許出願して権利化を明確にできる。

特許調査で観えてくるもの

about-head

企業が社会の中で他人の特許を知らないと損をしてしまう可能性があるとわたしたちは考えます。企業が社会の中で研究・製造・販売活動を行なっていくだけではなく、製造や既存技術にも、それは当てはまります。

販売はしない会社だから関係ないお話ではありません。もし、他社から製造法や技術侵害を受けた場合を考えると損害は計り知れません。だからこそ、既存技術が特許に値する製造方法や高度な技術の可能性は調査で把握し、 特許にならずとも、最新技術状況や既存技術や製造方法の次なる目標も見えてくる調査を利用する手段と考えませんか。

弊社は、「知的財産(特許・意匠・商標)コンサルティング会社」です。発掘・相談・評価・調査・出願・訴訟・マッチング・セミナー・弁理士や弁護士のご紹介など幅広いサポートが可能です。

知的財産権がわからないという方も、知的財産権に関することは何でもお問い合わせください。可能性が0%で無い限り、全力でチャレンジしサポート致します!

さまざまな規模の企業・団体様との実績、経験より、必要とされる調査をリーズナブルな価格とプランでご提案させていただいてお ります。「何を? 何のために? 調査する?」という企業・団体様の場合、「特許調査」を社内業務の一部として行いたい時に最適 なプランニングを提供いたします。

社内に調査部門を設けているが人材不足にお悩みの場合、お客様にとっては、「単純なマンパワー不足・(人件費などの)費用対効果 、部下として」ご利用ください。

社長!まずは専門家に聞いてみましょう。特許調査知財コンサルティングのシンクスへ