ホームページ制作安く頼む

個人事業・中小企業のホームページでの集客を依頼されるポトラッチです。

無料ホームページではまったく集客の反応が起きないと感じている方へ今回はお得な内容を下記に記載していきます。ホームページをご依頼する際の制作費用で比較検討される方が大多数だと思います。安かったっリ・高かったりで見積もり比較でも「よくわからない」が事実だと思います。

ただし、ご依頼主のホームページでの「目的」によりますが「集客」=「反応が起こる」ホームページというのは、また別の機会に公開するとして、

要するに「安く」ホームページを依頼するためにはどのような事が必要なのか?この本質は、シンプルに「制作側に余計な作業をさせない」これに尽きます。

作業が発生するから費用増しになるのです。そこで自社(あなたが)で準備できるところまで準備することでホームページ費用を安くできます。

ホームページを安くする、具体的な準備とは?

一つ目。ホームページの各ページに掲載する情報の準備を自社で行う。

掲載ページ情報=原稿(文章)=校正文章を、必要なページ分を「添削・編集・レイアウト構成」させない様に準備して提出する。

(この原稿準備作業はホームページの反応(集客)を左右する重要箇所ですが、今回は「安く発注することとは?」が主軸なので割愛。原稿=自社のサービス訴求(配信)なのであなたに変わり接客・営業行うことと同じことなのですから、最重要。ここで8割反応が決まる。)

どのような「状態」で文章の状態で提出するのがベストかは下記の図で紹介。左の様なベタ打ちの文章を右の図のようにまとめる。

説明書・解説書の状態で提出すると、制作側が右の図の様に「構成」をかける作業を省ことが費用削減の最大の作業です。

キャプチャ1

ベタ打ちの作文文章を出すだけでは「構成」作業が発生するので費用がかかるのです。情報を箇条書きなどまとめて、見やすいようにレイアウト化して欲しいと切に願う。

それすらも面倒だ!という方は。費用を掛けて時間と代行作業を買うという認識で見積もり費用を眺めてください。その質はともかくとして。今回はホームページを安くするためだけのことを書いております。

参考例は、同業種のサイト、類似する業態・ビジネスのホームページを参考に、どのように「短く・見やすく」文章を表現しているかを見まくる!そして、真似あげる。

自社の情報と同じページ(メニューボタン=ナビゲーションメニュー)の「掲載状態=レイアウト」も真似てみることが伝わりやすいということ。

あまりオリジナリティだしても、自社(あなたが)がリリース後に四苦八苦するのでまったくオススメはしない。見られているサイトはそれだけ、見慣れているので、見慣れていない情報レイアウトにすることは、不利でしかない。

目的がカッコイイホームページを作る目的ならいのですが。。。多分、8割「集客」を最大の目的なら売れているサービス・会社のホームページを真似ることが肝要。

キャプチャ2

ホームページに載せる文章はどうやってまとめるの?

作文のような長い文章をレイアウト構成といい最終形態にまとれない!と言われる方が多いので、その手前の順序でやることは、

自社のプレゼン書を2部作成してみることです。ツールはパワーポイントがオススメ。

▶:会社案内的な内容のを1部。

▶:取り扱うサービス・商品プレゼンを1部。

この2つをご用意出来たら、とてもことがスムーズに運びます。

ぜひ、無料ホームページから集客の可能性をあげるホームページを安く制作依頼したい方に行っていただきたい作業です

最後に

作るだけのホームページ制作業者は、あなたのビジネス、商品サービスを熟知していないから、出されたものをデザインしてホームページのカタチにするプロであり、技術者であって、事業を推進するプロではないことを念頭に。また、初めてあなたの会社を、商品サービスを知る方に、数秒でわかるようにしてあげることが効果を出すための準備。

ポトラッチはその両方(作る・集客構築)ができるので、紹介につぐ紹介で依頼がくるのですが、まずはホームページ集客の準備が出来るということが何よりも大切な作業です。