思えば瞑想に出会ったのは12年前。25歳のころでしょうか。それから毎日という訳ではありませんけれど、継続的に瞑想をしています。

瞑想を続けるメリットがあるのか無いのか気になっている方は多いハズ。一ヶ月継続したくらいの記事は多々ありますけれど「12年」だとどうなのか?

本日は「長期間瞑想を継続するとどうなるのか」という点について書いていきたいと思います。

ちなみに12年毎日瞑想を欠かさずにやってきた訳ではありません。12年間のなかでやる日もあればやらない日もある感じで習慣的に瞑想をしてきた結果です。

なぜ私は瞑想を始めたのか?

そもそも私が何故瞑想を始めたのかというと、それは「人生がとてもつらい時期」が有ったからです。

振り返ると当時25歳ですので、後厄の歳ですね。23~25くらいの頃、なんだかとてもつらい事が多かったのです。

友人とカレー屋でカレーを食べていた時、お店に常設されている漫画の中に手塚治虫氏の「ブッダ」が置いてありました。

一冊読んで一気に引き込まれた私はその後ブックオフでブッダを全巻買い揃えたのです。ここで「ブッダ」や「仏教」と出会いました。

読み進めて行くとブッダが菩提樹の下で悟りを開くシーンが有るのですが、煩悩まみれでどうしようも無い自分も、瞑想してたらなんか解るんじゃね?

くらいの軽い気持ちではじめました。

瞑想を始める前の注意点

瞑想を始めようと思った方に一点注意があります。

瞑想は滅茶苦茶効果が有ると私は感じているのですが、最初に「誰に瞑想を習うのか」に関しては注意が必要です。

理由は簡単で「怪しい新興宗教」なんかに引っかかってしまう事もあるからです。また、瞑想を教えている団体の中にはほぼ「カルト教団」と呼ぶにふさわしい団体も多いのです。

ですので、最初は「お寺」に行って座禅をして頂くのをおすすめします。近隣のお寺の中で、禅寺などがあれば「早朝坐禅会」をやっています。

古来からの伝統のある場所で最初は座禅をして頂くのをオススメ致します。

初期に訪れる瞑想の効果

瞑想の効果は短期的な継続で得られるものと、長期的に得られるものもあります。こちらでは短期的に得られた効果ですね!

リラックスと精神の安定

短期的な瞑想で得られる効果として、まずは「瞑想後、クリアな精神状態になりとても落ち着く」という事が上げられます。

これはきちんとした方法でできていれば、誰でもすぐに効果を感じる事が出来ます。

問題は日常で精神的なトラブルや強いストレスを感じる時ですが、正直言うと何度か瞑想をやった程度では瞑想を始める以前と同じ様に取り乱してしまうと思います。

あくまで短期的に出る効果です。しかし、ストレスが多かった日の1日の終わりに瞑想をする事は非常に効果的です。

すぐに眠れる様に

私が瞑想を始めたころは就寝前に行っていたのですが、とても安心した精神状態になり睡眠の質が上がりました。

実は「知恵熱」に悩まされるタイプだったのですが、瞑想を始めてからは寝るまでの時間がとても短くなったのです。

睡眠に問題を抱えている方には良い方法だと思います。

偶然が起きる

これはちょっとスピリチュアルな感じになってしまいますけれど、瞑想をしていると偶然が起きやすいですね。

しばらく連絡が取れていなかった友人と偶然連絡が来た、ですとか。

なんだか不思議な事が増えます。ただ、この「不思議なこと」を目当てで瞑想をするのはオススメしません。

スピリチュアル的なものにハマりすぎると世間とズレが大きく生じてしまうからです。瞑想はあくまで「安定した強い精神」を手に入れる手段として行うべきです。

1ヶ月~1年継続の瞑想の効果

1ヶ月~1年程度で得られる効果と言っても一ヶ月と一年だと大分幅が有るじゃねえか!と思われるかと思います。

しかし今回は「12年」というサイクルですのでお許しください。

少しづつ性格に変化が

自分はちょっと多動気味の性格をしていました。短気でいつもカッカしていて何かしら行動していたいタイプの人間だったのですが、それが大分おちついてマイルドになりました。

自分の中にある「衝動」を、少しづつコントロール出来る様になってくるのです。

正直言うと、周囲からしたらあまり変わっていないんだろうな、というレベルなのですが自分自身の内面としてはかなり変わってきます。

ただ、「全く怒らなくなった」ですとか「無茶苦茶人に好かれるようになった」とかいう効果は1ヶ月~1年では感じられないと思います。

また、これくらいの継続期間ですとネガティブな性格の人は物事の捉え方が少々変わってくるくらいだと思います。

劇的に前向きな性格を手に入れた!というくらいでは私の場合はありませんでした。

すぐに眠れるようになる

これは自分自身でも衝撃でしたけれど、眠るべき時に眠る事が出来る様になりました。

横になってゆっくりと呼吸をしていると、ストンと眠りに落ちる事が出来るようになったのです。

若いときは「眠れない」タイプだった私も、このあたりから「横になるとさっと眠れる」という人にジョブチェンジ出来ました。

睡眠に問題を抱えている人には瞑想は本当にオススメです!

自分の体の事がよくわかるようになる

私の瞑想方法は「頭の中に思念が生まれてきたらそれを後回しにする」という方法です。基本的には雑念が湧いたら呼吸に意識を戻すという方法でやっています。

瞑想を続けていた時、ある日自分の肩がウルトラ凝っていることや、日常でどれだけ肉体を緊張させているかに気づく事が出来ました。二ヶ月目くらいでしょうかね。

とにかく体をリラックスさせて姿勢をきちんとする事が瞑想の姿勢のポイントですが、そのあたりがちょっと解ったのだと思います。

若干打たれ強くなる

若干ですが、打たれ強い性格になりました。

割と繊細でくよくよした所があるのですが、外部からの精神的な刺激に対して、それなりに冷静に対処出来るようになってきます。

「心臓に毛が生えている」みたいにはなれません。未だに心臓に毛は生えてはいません。

気づきが増える

気づきが増えてきます。いろいろな事に気がつくようになります。

なんとなくですが、人がどういうことを考えているのかなどが解りやすくなります。

また、仕事をしていても良いアイディアが閃いたりする事も多くなります。

あと、自分と周囲の環境についても捉え方が変わってきます。例えば「自分はすんごい広い宇宙の中にいるんだな」といった程度の感じですけれど、瞑想をしているとそういうことを感じる様になるんです。

それまでは自分の「体の輪郭の内側と外側」の境界線がとても強かったのですが、ちょっとづつその境界線が弱くなっている感じがしてきます。

運が良くなったように感じる

とても曖昧では有りますけれど、ちょっと運が良くなった気がするものです。

どちらかというと前述の「気付きが増える」に近いのかもしれません。前は「ふーん」って感じて受け取っていたものに対して「やったラッキー!」みたいに捉えている気もします。

良いことをキャッチ出来る様になるということですが、これはなかなか良い効果です。

集中力が付く

集中力が付きます。思えば起業してからずっと膨大な仕事をこなしてきたのですが、今思えば瞑想をしていなければこなせなかったのでは無いかな、と感じます。

また癒やしの効果もありますので、しんどい時こそ瞑想だなと確信しています。

2年~10年やると感じる瞑想の効果

2年~6年くらい瞑想を続けるとどういう効果が有るのか気になる方は多いでしょう。気になるその結果は?

大分性格が変わる

古くから付き合っている友人には突っ込まれそうなところではありますが・・・、大分性格が変わったなと実感するはずです。

自分の場合は割と根暗な性格だったんですけれど、人と話をしたり楽しい事をする事が大分好きになりました。

家にこもって音楽を作っていたいと考えがちな性格だったんですけれど、このあたりからは人と会って話すのが楽しくなりましたね。

性格が結構極端だったんですけれど、大分緩和されたようには感じましたね。結構頑固なところが有るんですけれど、ちょっと柔軟に物事を捉えられる様になりました。

ネガティブな考えも大分コントロール出来るようになってきます。

今自分は落ち込んでるな、苛ついているなといったことをすごく良くキャッチ出来るようになってきます。そういった時に呼吸を整えると大分落ち着きます。

でも夫婦喧嘩はしてしまいますのでその程度ではありますが、それでも自分としては大分変わったなと思うところでもあります。

何よりも精神的な問題を割と水に流せるようになってきます。気持ちの切り替えが上手になったな、とは感じました。

また、音楽や映画などを見ていて、感動しやすくなりました。

瞑想することを苦に感じない

体調や精神状態の調子が悪くなった時にこそ「きちんと瞑想しないと」みたいに思う様になります。

また、電車での移動中などの空き時間は瞑想呼吸をして、日常の細かいところで細かく瞑想する事も自然にやっちゃう様になっています。

一日に数分でも極力瞑想をしようとしてはいるのですが、仕事に集中できない時に数分間瞑想をするといった感じで自然に日常に瞑想を取り入れる事が出来るようになっています。

そして、瞑想するとすぐに「瞑想モード」に入れるようになるので、瞑想が続かないとかそういう事は全くなくなります。

なによりも様々な不調が「瞑想」によって改善できるという確信があります。2018年はピンチも有りましたけれど、乗り切れた背景には瞑想も大きく関わっていると感じています。

呼吸が変わる

日常の呼吸が深くゆっくりになりました。瞑想は「呼吸」が非常に大切な訳ですけれど、瞑想で意識的に呼吸をゆっくり深くしている事により呼吸がしっかりしてきます。

呼吸が浅く早いのは健康にも精神状態にも良くないです。

動物もそうなのですが、ネズミの様な小さな動物は「呼吸が早い」のです。そして寿命も短い。

大きなサイズのゾウなどの動物は「呼吸がゆっくり」なのだそうです。そしてネズミよりも寿命が長いのです。

ゆったりとした呼吸を心がけていれば寿命が伸びるとも言われています。健康のために呼吸は滅茶苦茶大切です。

病気に強くなった

割と風邪をよく引くタイプなのですが、年に一回風邪を引くか引かないかくらいの感じです。

ちなみに今年はまだ風邪を引いていません。

実はわたしはお腹があまり強い方ではなく、突発的に下痢に襲われたりする事があるのですが、電車の中で腹痛になってしまった場合に瞑想をすると治ります。

体内の生命エネルギーである「氣」が弱くなるとお腹に来る人がいるらしいのですが、瞑想していると「やばいトイレトイレ!いますぐにトイレ!」みたいな状況をだっする事が出来るので本当に不思議なものです。

ピンチに奇跡が起きる

これは説明不能ですけれど、自営業者である私はやはり今まで何度か「お金のピンチ」みたいなものに見舞われた事があります。

そういうときは時間を取ってゆっくりと瞑想をするのですが、瞑想中に「お仕事の依頼の電話がなる」という事が実際に何度か有りました。

偶然と言えば偶然かもしれませんね。

でも、私自身としては偶然とは思えない所がありますのでコレも瞑想のメリットの一つだと考えています。

気づきがディープになる

ピンチが起きても、「これは自分の変化に必要なことなんだな」と気づける様になります。

人生の転機において「瞑想をしていてよかったな」と感じることは実際数多くあります。

間違った選択をしないで済んでいる様に感じています。

人によっては「頭が良けりゃ選択間違わないじゃん」と言いそうなものですし、それはそうなんですが、冷静な判断には「精神状態」も非常に深く関係しています。

貧すれば鈍す、と言いますけれども、やはり大変な時ほど瞑想をして「間違った選択をしないで済むように冷静な判断」が必要だと思います。

10年~やると感じる瞑想の効果

正直言うと、10年も継続していると感じる効果以上の事を「劇的に」感じることはなくなります。

ただ、意外なことですが「瞑想が上手になってきた気がする」と感じることはありますね。

なかなか「正しい瞑想法」を理解するのは難しく、やり方がまずいとちょっとした精神的・肉体的不調になってしまう事もあります。
そういった事は無くなっていきますね。

あと、なんだか「氣」みたいなものを感じる様になってきます。人によっては「統合失調症じゃん!」とか言いかねませんけれど、別に私はスピリチュアルにドハマリしている訳でも有りませんので

それに日常的に瞑想が組み込まれているので、何か劇的に変わったぞ!と感じることはやはりありません。

あとは皆さんが気になる「悟るのか?」という点ですね。

まとめ:私は悟れなかった

正直言うと「悟る」ことをそこまで欲しているとは自分自身で思えなくなりました。

いろいろと理由が有りますけれど、半端に出家して仏道に入るとか、インドにそういう修行をしに行くという事が自分のためになるとは思えなかったからです。

欲望にまみれた「ビジネス」の世界に身をおいている方が、自分自身の成長になると確信していますし、多少の欲が無いとその世界ではやっていけません。

さらに悟りは「大きな悟りである大悟」と「小さな悟りである小悟」があります。

小さな悟りは瞑想をある程度継続して行っていければ誰でも沢山得られるものだと思います。私もきっと「小さな悟り」は沢山あったと感じています。

ただ、人生のどん底から、軌道修正をしてよりよい人生を生きるという目的は瞑想によって果たす事が出来たと今では確信しています。

もし「瞑想ってどんなもんだろ」と感じている方がいるのであれば、チャレンジしてみて頂きたいですね。

毎日絶対!みたいなのは長続きしませんが、意外と10日もやれば「瞑想したい」みたいに感じるものですので、クセにしてしまえばさほど苦労は有りません。

なによりも深い瞑想状態は「とても幸福な時間」ですからね!