さて、最近のバズワードとして「オンラインサロン」というビジネスモデルが有るわけですが、ネット起業志望者にとても有名なオンラインサロンである「脱社畜サロン」を超有名ブロガーイケハヤ氏とともに運営している正田圭氏が現在絶賛炎上中の模様です。

インフルエンサーにとって「炎上」は日常茶飯事ですよね。炎上すると認知度が上がり、得する事しか無いそうです。

さて、私は別にインフルエンサーでもなく、ただのウェブ屋さんではありますがインターネットの利用については考えるべき事が滅茶苦茶沢山あります。

今回は「正田圭氏」の炎上をきっかけに「ネット起業家達のエビデンス」に関する問題を考えてみたいと思います。

正田氏炎上、ことの経緯は?

正田氏が炎上した経緯はどうも、YouTubeで新興宗教について掘り下げている「えらいてんちょう(えらてん)」氏が正田氏の経歴が嘘ではないのか?と疑問を呈した事が始まりのようです。

えらてん氏はYouTubeで新興宗教に関して滅茶苦茶突っ込んだ動画をUPしていたりする面白い人物です。勇気あるんでしょうね。

正田圭氏はM&Aの専門家だそうですが、えらてん氏が知り合いに聞いた話は以下の内容だそうです。

正田圭炎上

以下のえらてん氏のnoteにて全てが読めます。

燃え上がってしまった正田氏は当然反論する訳ですが、この様な残念なツイートを残してしまいます。

「次に3桁億のM&Aをやったのかってなんか知らないけど僕が問い詰められてますが、2〜3桁億のM&Aがメインとプロフに書いてあるだけで、決めたとは言ってない」だそうです。

確かに氏のプロフィールにはバリバリ「 TIGALA株式会社CEO / 2〜3桁億円をメインとしたM&Aコンサル会社 」と書いております。

正田圭炎上

「2〜3桁億円をメインとしたM&Aコンサルばかりしているけれど成功事例はゼロ」であったとしてもこの表現は嘘にはなりませんね。いや、どうだろ。

ウチの場合なら「年商2〜3桁億円のクライアントをメインとしたウェブ制作」といっても「年商2〜3桁億円のクライアントに営業をかけているが全滅」だったらやっぱり嘘だよね、とは思うんですけれども。

少なくとも私は成功事例しかプロフィールには書けません。事実以上に大盛りにしたりすることも無いですね。

事の真相は御本人のみぞ知るわけですし、別に私は「正田氏が嘘ついてる!」と言いたいわけではありません。

ただ、どうしても「ネット起業界隈」における「エビデンス(根拠・裏付け)」が、とてもフワフワとしている事に疑問を感じているのでその件について書きたいだけです。

自分の収入をアピールする人たち

ツイッター上で「ブログで月収100万円」みたいな事を書いている人たちが最近とても多いです。

家の奥さんは「自分の年収なんか人に言ってはダメ。強盗が来るかもしれないでしょ?」と常々口うるさいのですが、正直なところ私もこういった「高収入アピール」の方たちがいつ強盗に襲われるかヒヤヒヤしています。

それはさておき、「ブロガーやアフィリエイターとして成功した人がオンラインサロンやブロガー・アフィリエイター志望者に向けてコンサルして稼ぐ」というビジネスモデルが多い様なのですが、私はちょっと疑問を感じるんですよ。

まずその「エビデンス(根拠・裏付け)=ブログで年収○○○万円」みたいな表現が嘘か本当かは本人のみぞ知るわけです。

こういったブロガーにお金を払ってコンサルを受け、内容に疑問を感じた方が「あなたの月収の額が本当かどうか銀行口座のスクリーンショットを送ってください」と言った途端に逆ギレされたという話も有るところには有ります。

このエビデンスというのは「簡単に自称することで」得られるのがインターネットの世界なのです。

もちろん有りもしない経歴を言ってしまうと立派な嘘ですが、嘘か本当かを確認する術はありません。本人のみぞしることですから。

しかしどうもツイッターでは自分の名前の横に「月収○○○万円」と書いている人が少なからずいます。

そういう方はやはり「コンサルします」ですとか「オンラインサロンはじめました」ですとか書いている訳です。ちなみに私はそういった方をフォローすることは有りません。年収アピールは一種の踏み絵だと思ってますから・・・。

確証の無い根拠・裏付けに踊らされる人々

さて、この「儲かってる感」の演出ですが、ビジネスでは至るところで行われています。

「はったりきくからローンでROLEX買ったわ」「はったりきくからローンでベンツ買った」という方も世界にはいたるところにいるわけですよ。

なぜその様な行いが多いかというとこの「儲かってる感」の演出って「効果があるから」なんですね。私もこの「エビデンス(根拠)」の効果には覚えがあります。

ウェブデザイナーですのでLPを作成するときに意識的に入れるんですよ。でもってこの「イケイケなアピール」に消費者が弱いことも知ってます。

たとえばですが「500万人が愛用!」「お陰様で100万人突破!」とかCMで聞いたことあるかと思うんですよ。それがこの「エビデンス(根拠・裏付け)」と言われている部分で、強みになる信頼に足る実績というのはウェブコンテンツの制作には欠かせない考えなんですね。

そういった裏付けをもとに人はサービスや商品、企業を信じるわけです。

ですのでこのテクニックは事実をアピールするのであれば効果があります。むしろエビデンスが無い商品を売るというのは中々大変なんです。

でもインターネット上ではこういったエビデンスに「確証」を持てないケースというのは多々あるのです。

とくに実名ではないTwitterではいくらでも「自称」する事が可能ですからね・・・。

しかし世間にはやっぱり「ブロガー志望アフィリエイター志望」の人がめっちゃ多いわけです。

何故かと言うと「コミュニケーション嫌い」の人が無茶苦茶増えているからなんでしょうね。

ブロガーもアフィリエイターも「1PV単価」の話ししますけれど、上手にウェブマーケティングが成功している企業なら1PV単価はブロガーやアフィリエイターのそれよりもずっと高い可能性が有ります。

考えれば解るんですけれど「広告出稿している会社は売れる商品の値段のうちいくらかを広告費として捻出」しているわけで、さらにいうと「アフィリエイターや広告を出向している企業から上前をはねるのがASP」という構図なのですよ。

この構図、とても簡単で「ASP≧広告出稿企業>アフィリエイター」なんですね。

もちろん、パソコン一台で始められるビジネスとしては確かに「ブロガー・アフィリエイター」というのは楽でしょう。すぐに始められますので。

でも実は他にもいくらでも「パソコン一台」で始められる仕事ってありますよね。私もPC一台で起業しています。

ただ、実のところこの「ブロガー・アフィリエイター・YouTuber」といったビジネスモデルに憧れが集まる理由ってつまるところ「非ネット=現実社会での人間関係の摩擦から逃れられる」というのが人気の理由なんじゃないかなーって思うんですよ。

でも摩擦に耐えた方がたぶん簡単にすぐに儲かりますゼッタイ。

だってどう考えてもPV単価を上げるならなんでも屋でもやったほうが良いと思うんですね。実労働はいりますけどアフィリエイトよりもPV単価上がりませんか?まあアフィリする商材の利率によりけりではありますが。

なので、あんまり「ブログで月収100万円」みたいな謳い文句にだまされない方が良いと思ってます。

だってブログで月収100万円あったら、節税で株式会社設立してても良さげですけれど、そういう事書いている人って「○○株式会社CEO」とかプロフに書いてる人ほとんどいませんからね。

起業した者からすると起業していない者にはマウント取り放題

もう結論を言ってしまうとコレですよコレ。

起業した人からすると起業していない人に対してマウント取るのは余裕ですよ。

さらに言うと、「脱社畜サロン」なるサロンに入っているにもかかわらず、いきなり会社辞めてきた!みたいなバンジーが飛べるアホは多分100人中1人くらいなものでしょう。永遠にマウント取れます。

今回炎上した「脱社畜サロン」に話を戻しますが、まずはこの「社畜」という表現を自嘲ではなく知らない他人に対して利用できる時点でサラリーマンを相当馬鹿にしている訳ですよ。

もし「起業」に必要なのが「バンジージャンプするくらいの勇気」であるとするならば、起業していない人間をチキン扱いするのは起業バンジーをした人からすると簡単です。

私も起業してますんで、飛ぶなら飛べば?くらいに思ってますけれど、別に会社員やっててもいいと思いますよ。たまに羨ましい気持ちになりますもんね。

こういった「会社員への起業煽り」というのは「ヤンキーの根性焼き」と同じレベルのメンタリティということです。「おいお前、万引きしてこいよ!」とかそういうレベルの根性だめしです。

起業なんてするのは簡単です。大変なのは維持と成長です。

本当に「社畜」という蔑称も対象によっては非常に効果がありまして、サラリーマン生活をしているなかで「自分はこんなはずじゃない!」と感じている方や上司・同僚が思い切り嫌いな人はきっと「脱社畜サロン」に入会して「社畜=嫌いな上司・同僚」と自分は違うんだ!という気持ちになることが出来るでしょう。

これは新興宗教と同じテクニックなんです。

「こんな素晴らしい教えを知っている自分は他の人とは違うんだ!」という、自己承認欲求を上手に利用した洗脳を新興宗教は行っているのです。

「新興宗教に詳しいえらてん氏」が脱社畜サロンに対してこの様な攻撃を加えたことに対して、色々とモヤモヤした感情が湧いてきますね。

脱社畜サロンのオーナーである「イケハヤ氏」はブロガーという生き方を率先して達成した人物です。嫌われもしてますし私もブロックされていますが、偉いと思います。忍耐も努力も一流だと思いますしね。

しかしその「やり口」を真似ている人々には多くの悪質な連中が潜んでいると思いますよ。

そして今回の正田氏の炎上を振り返ると「ネット起業」や「ネット起業家」の問題点がかなり浮き彫りになったのではないのかなと。

もしえらてん氏の指摘が事実で、正田氏の経歴が虚偽であった場合、一時期の「情報商材の販売」の様に社会問題として扱われる可能性が有ります。

もう一度言いますけれど、「起業というバンジーを飛んだアホは、起業というバンジーを飛ばない安定志向のサラリーマンに対してヤンキーの様にマウントを取れる」という事を皆様にはぜひとも理解してもらいたいのです。

で、最後にもう一回言いますね。ツイッターアカウントに年収書いている人、「ブログで月収100万円」って本当ですか?証拠は?何を根拠に信じますか?

まとめ

ネット起業家の界隈はいつも香ばしい匂いがしている。

以上です。