新規事業の立ち上げなどで年々期待値が高まるウェブマーケティングですが、経験上9割の方が期待するような成果を上げる事が出来ず、失敗に終わってしまう現実が有ると思います。

特にPOTLATCHでは非常に多くの新規事業立ち上げに関わらせて頂いておりますので、失敗する方、成功する方など様々なケースに立ち会わせて頂いております。

本日は「ウェブマーケティングが失敗する理由PART1」ということでお伝えさせて頂きます。

クライアント優位がウェブマーケティングを失敗させる

ビジネスですのでお金を出しているクライアントが立場としては上です。これは当たり前の話ですね。

しかし、ウェブマーケティングを失敗させるのは残念なことに大半は「クライアント」です。

そもそもウェブマーケティングを行う上で主導権がクライアントに有ることは自然です。しかし、残念ながらクライアントに強く主導権が有る場合ほどのウェブマーケティングが失敗してしまいます。

なぜでしょうか?

クライアントはウェブマーケティングの素人

そもそもクライアントはウェブサイトを作る事が出来ない為、制作会社に依頼します。当たり前の話です。

しかし「何も出来ないのに主導権を握る」という事がどういうことなのか少し考えればわかります。

もちろん、大切なお金をかけてウェブサイト製作を行っている訳ですのでアレコレと要望が有るのは当たり前といえば当たり前の話ですが、問題は「結果にコミットする方法を一切理解していないのに意見を全面に押し出してしまう」ということです。

残念ながら、年々ウェブサイトのページ数は増加傾向で、いかなる業種に関してもウェブ上はどんどんレッドオーシャン化しています。

その中で成果を上げるというのは非常に難易度が高い作業なのですが、そこで素人の思いつきでなんとかなるのかというとなんともなりません。

そもそもウェブ制作会社やウェブマーケターは過去の実際のデータを持っています。失敗も成功も経験しているのでクライアントの要望を実現した結果のイメージも出来ます。

私も割と「ものを言うタイプ」ですので、クライアントからの意見に対して意見をぶつけることもあります。理由は単純で過去のケースや日常行っている解析と改善で結果を体感しているからです。

もしも「ただ自己満足の為にウェブサイトを作りたい」ということであれば別に構いませんが、確実にクライアントの自己満足を達成することはウェブマーケティングの失敗に繋がります。

クライアントが気にするのは「デザイン」

正直なところ、クライアントの方が意見する事が多いのは「デザイン」の面です。DTPデザインであればデザインだけを気にすることでマーケティングに成功する業種は存在します。(ファッションなどの一部業種)

しかし、クライアントの方が「デザイン」に対してアレコレと言いたくなるのは「見た目にしかものを言えない=専門的な他の箇所は一切理解が出来ない」という前提があります。

さらにいうと「お金をもらってデザインをしているデザイナー」の美的センスと「今までクリエイティブな作業で収入を得ていないクライアント」を比べた場合は、大衆に受け入れられるアプローチを責任持って実行出来るのはデザイナーです。

もちろん、クライアントの趣味嗜好を一切無視したものを作るのは言語道断ではありますので、ヒアリングをしっかりと行い方向性の策定を行うのは非常に大切です。

しかし、あくまでも「見た目の問題は口を出しやすい」という程度の話でしかありません。同業の友人と話をする中でクライアントのデザインに関する要望を「ダサくしろ」という隠語で呼んでいます。

大抵、クライアントからの要望の95%が「改悪」です。

もし、クライアント自身のみを満足させるウェブサイト作りがテーマなのであればもちろん改悪を繰り返しても全く問題ありません。

しかし、残念ながらウェブマーケティングは「ウェブサイトを見ているユーザー+Googleアルゴリズム」という二つの顧客を相手にしなければならない作業です。

そもそもこういった作業に関して「責任を負う」というのがウェブマーケティングの仕事です。

残念ながらライザップのように「結果にコミットする」にはトレーナーからの「厳しいトレーニングメニュー+食事制限」の指示が必要です。

脂っぽく糖質も多い食事を取り、甘えたトレーニングメニューで結果が出せるほどダイエットが楽では無いように、ウェブマーケティングも「自分好みのウェブサイト作り」で集客が出来るものではありません。

ウェブマーケティングの予算は適切か

なんとなくウェブの世界は難しいので解らない、という方が多いと思います。特に解らないのが「制作料金」です。

制作費用の高い安いは、ウェブデザイナーやプログラマーからすると実質存在しません。時間当たりの単価は前後はあれど、大幅に予算が変わることはありません。

たとえばですが「IT革命」という言葉がもてはやされた後に、HP製作の費用の相場観はなんとなく「30万円前後」というイメージが多かったかと思います。現在でもなんとなく根拠のないふわっとした「30万円」を意識されている方は多いようですが、実際のところ30万円で素晴らしいウェブサイトを製作するのはなかなか大変かと思います。

もちろん、事業規模やページ数によって相当その費用観は変わってくるかとは思います。

しかし、近年のウェブサイト製作は「WordpressなどのCMSの活用・Jquery・スマートフォンやタブレット対応」ということで過去のウェブサイト製作よりも非常に手間がかかります。

しかし、残念ながら「なんとなくふわっとした30万円」という制作費でなんとかなる、と思われている方も多いかと思います。

実際のところ、様々なレベルのウェブデザイナーがいますので、中には「15万円で作ります」といったデフレ真っ盛りな副業のデザイナーや駆け出しのデザイナーがいます。

しかしそれなりにキャリアが有るデザイナーにきちんとしたHP製作を30万円で依頼するのは難しいです。私も仕事を外注する場合がありますが、腕の良い技術者やデザイナーに外注する場合はいくら付き合いが深くても30万円では思うようなものは作れないな、と感じます。

そもそも販売している商品やサービスの価格をじっくりと考える必要があります。仮に「40万円の商品やサービスを毎月5件売りたい」という要望が有る場合、30万円でなんとかすることは難しいことは想像が付きます。

30万円の元手から、年間2400万円の利益を上げる事ができるのか。もしそれが可能なウェブ制作会社が有るのでしたら私も外注したいですがそんな会社は知りません。

しかし、正確な相場観をクライアントの方ほど理解されていないのが現実です。

WordPressを利用したわりとしっかりとしたHPを製作するのは「50万円」くらいが相場のイメージです。もし集客を加速させたいなら更に広告費用も必要です。

このように、得たい利益とコストが理解出来ない限り、必要なコスト算出が出来ません。もしコスト的な問題を解決出来ない場合はウェブマーケティングは失敗です。

予算が限られているのであれば「クライアントの努力」が大切

広告予算が無い、ウェブサイトも妥協なく作ることは出来ないとなると、あとは「ブログ記事更新」などの地道な作業をクライアント自身で行う必要があります。

広告費用をかけずとも、アクセス数を稼げるのが近年普及しているWordpressをベースにしたHP製作です。ブログ記事などを自身で書くことでアクセス数を増加させる事が可能です。

しかし、失敗するウェブマーケティングの特徴はこの「クライアントによるブログ運用」で失敗してしまいます。

そもそもが「書かない・更新しない=アクセスが伸びない=顧客が来ない」という道にはまりこんでしまいます。

予算がなければ体を動かすしか無い。もちろんウェブ制作会社としては「ウチが作るだけでお客さんがたくさんきますよ!」と言えればよいのですが、これを言えるのは詐欺師だけです。

ここ数年間のウェブサイト製作はあくまで自動車を作るようなもので、運転をするのはクライアントになる場合が多いです。

そもそも広告予算が無ければ、せめて正しい運転技術を身につける事が必要ですが、その運転技術をきちんと身に着けていない場合はウェブマーケティングは失敗してしまいます。

最後に:95%が一年もたない「起業」という世界で

起業をして1年以内に倒産してしまうパーセンテージは「95%」と言われています。

非常に厳しい数字ですが、これが現実です。

どうやれば失敗しないのでしょうか。失敗しないためには5%の枠に入るしかありません。

そのために大切なのはプロの話をしっかりと理解することです。

ウェブマーケティングももちろんそうですが、餅は餅屋と言うようにプロの意見や考えは大切です。

ウェブマーケティングの失敗する残念ですが原因はほとんどがクライアントです。

反面、私の経験上、成功するウェブマーケティングの傾向としては「クライアントが専門家の話をしっかりと聞いてくれる+予算をきちんと確保している」という事実があります。

もし、ウェブマーケティングで顧客を呼び込みたいのであれば「顧客ファースト」で考える必要があり「自分好みの画像やフォント」で悩むのは本末転倒です。