HGUCザクⅡORIGIN

子供の頃はガンプラが好きで仕方ない少年だったのですが、小学五年生くらいで卒業。当時転校したので、転校先のクラスメイト達はガンダムに興味なかったようなので自動的に卒業してしまいました。

中一でギターを始めてからは全くガンプラ作りたいと思ったことはありません。その後全くガンプラを作ろうとなど思いもしませんでした。

しかしなんでしょうね。ある日ヨドバシカメラのおもちゃ売り場をふらついていたのですが、売り場にガンプラが・・・。その後なぜかやたらガンプラが作りたくなってしまったので近所の模型屋で「HGUCザクⅡC型」というのをゲット。

その後、ジムガードカスタム、ボール、GP01fbなどを購入・・・。

大人になって再びガンプラにハマってしまったわけですが、理由は色々とありますね。今回は「おっさんがガンプラにハマってしまった理由」というか、「おっさんだからこそガンプラにハマった理由」について書いていきます。

大人になってガンプラにハマった理由1:大人だからクオリティ追求!

子供のころ、おもちゃ屋や模型屋に行くとそれはもう美しいガンプラが展示されていたものです。

子供の頃はそのクオリティに全く付いていける気がしませんでした。きっと「ガンプラ作り入門」みたいな本でも読めば何をしているのかわかったのでしょうけれど、子供の財力ではプラモをゲットするのが限界。

そもそもクオリティの高いガンプラを作るノウハウが全くありませんでしたが今はもう大人。子供時代よりも知恵が付いて、いろいろなことができるのではとワクワクしてしまいました!

工具なんかも色々と揃えてみたり、塗装についても色々と調べてみたりして、子供時代の「とりあえず組み上げたい!」みたいな欲求とは別の欲望をベースに作成ができるのはむちゃくちゃ楽しいです!

大人になってガンプラにハマった理由2:財力がついたし

さて、子供の頃は1000円のプラモを買うのはハードルが高かったです。

しかし大人になった今では「タバコ二箱分」です。バンダイのガンプラのシリーズの中で144/1スケールのHGシリーズは大抵の機体が1000円前後で購入可能です。

プラモ好きは「積みプラ」といってプラモを積んでしまうことが多いようですが、そんな価格ですのでついつい作れもしないのに買ってしまうのもうなづけます。

もちろんもっと高額なモデルもありますが、大人なら気にしない程度の価格でしょう。高くてもまあ五千円くらいじゃないですかね。でかいヤツはすこぶる高価なものもありますが。

また、専用の工具なども割とリーズナブルに購入できてしまいます。子供のころは爪切りでランナーからパーツを外してたりしましたけれど、大人はプラモ専用のニッパー買いますよね。千円程度で書いましたけれど特に不満はありません。

良い工具を使うのもむっちゃ楽しいですよ!

大人になってガンプラにハマった理由3:インターネットに情報が・・・

さて、子供のころは「クオリティ高いプラモはどうすれば作れるのか」と思っていました。

模型屋で見かけるガンプラはツヤがなくてしっとりしていてかっこいいと思っていたのですが、大人になった今では「つや消しクリアー拭くだけでいいのか」ってことがあっさりわかります。

そう、インターネットはなんでも教えてくれるのです!

ノウハウが無料で手に入るのがインターネットのすばらしさの一つ。無論ガンプラに関する情報なども大量に見ているのですが、だいたいのことがネットだけで理解できた気がします。

ついでに地味にYouTubeでもプラモ製作の動画が上がっててヤバイです。

でもって色々と工具なんかを調べて買ったり、ハイレベルなモデラーが何をしているのかといったことも普通にネットで調べれば色々と解決可能!

大人になってガンプラにハマった理由4:意外とコスパ良い

自分は多趣味なのでDTMだのレコード収集、自転車だの色々とやってますけれど、趣味の中で最もコスパが高いのがガンプラでしたね。

だって一台5万円の自転車を買って、さらにサドルを高級なものに変え、ホイールだのクランクだの変えてなんてしているとあっさりと10万円コース突入です。

DTMだってPCのソフト一つ買うのに数万円はしますしね。これに一番金かけましたね、人生で。

さらにレコードだってレアなレコードは1万円くらいしますし、まあそこそこレアなものでも五千円はしますし、安いとついつい何枚も買ってしまうし、針もまあ良い針を買うと結構なお値段に。

音楽関係に一番お金をかけてきた自負があるのですが、多分総額で高級ドイツ車とか、地方都市なら中古マンション買えてしまうくらいお金をかけてきた自信があります。

しかし前述の通りガンプラって高くてもたかがしれてます。MGシリーズの場合は三千円〜五千円くらいで一つ買えます。

さらに大人で忙しいこともあって、だいたい1日に作業するのは30分〜60分がいいところ。

ヤスリがけだの塗装だの墨入れだのスジボリだのしてると余裕で完成までに二、三ヶ月はかけられます。

ゲーム買うより長時間低コストで楽しめる可能性がありますね。

そんなこんなで楽しくガンプラを作っているのですが、最初にかったザクはつや消しクリアーを吹いて完成させました。

あっさりとあの質感になったのでおじさん感動です。

最後に

趣味がねえなあ、と思っている大人の方、もしあなたなナードでギークな子供時代を過ごしていたなら今更ガンプラにはまってみるのもありだと思ます。

やってみると意外と面白いんですよマジで。

立体物をどう仕上げるかとか考えている時の脳の働きとか、すごく脳に良さそうです。

3Dでイメージする能力って結構大切らしいのでオススメです!

子供時代のキットとは違い、最近のキットはむちゃくちゃ出来が良いので感動すること必至!

手先に自信がある人ならかなりハイレベルな作品が作れることでしょう。ぜひ作ってみてくださいね〜!